HOME>注目記事>動かないのなら修理をメーカーか修理店にお願いしよう

連絡をしてみよう

パソコン修理

パソコンが動かなくなってしまったのなら、まずは各種機器のコードがきちんと接続されているか確認をしてみましょう。いつの間にか接続が緩んでしまったせいで、動かない可能性はあるため、試してみることをおすすめします。もしも、接続がちゃんとされていて、どうやっても動かないのなら修理をお願いしましょう。メーカーにも頼めますし、近所のパソコン修理店にも頼むことができるため、都合のよいほうを選定するとよいです。なお、メーカーに頼む場合は説明書に連絡先が書いてありますが、パソコン修理店は探さなければいけません。ただ、インターネットを使えば、近所にあるパソコン修理店をすぐに見つけられるので利用は簡単です。連絡先が見つかったのなら、早速、パソコンが壊れてしまって修理をして欲しいことを電話で伝えてみましょう。

メーカーを利用するなら

基板修理

販売元のメーカーを利用して、修理をして欲しいのなら、まず確認すべきなのが保証が残っているかどうかです。最低でも一年ある場合が多く、契約によっては三年や五年などに延長されている場合もあります。保証があるのなら、無料でパソコン修理が可能なので、余計な費用をかけずに動作する状態に戻してもらえます。なお、購入したお店に持ち込むことでメーカーに届けてもらえる場合や、自身でメーカーに直接送る場合もあるので、電話で送る方法を聞いておきましょう。

修理店のほうが安い場合が多い

私服の女性

保証があるのならメーカーでの修理が安いですが、切れているのならパソコン修理店のほうが安い場合が多いです。壊れているところによって、修理費用は異なるので、まずは検査を行ってもらって、いくらかかるのか見積もりをだしてもらいましょう。ちなみに、パソコン修理店は予約を必要としないので、店頭の受け付けカウンターに持ち込めば、すぐに見てもらえる可能性は高いです。ただし、その場すぐに直してもらうのは難しいため、何日か預けることになるでしょう。

広告募集中